代表挨拶

難波 名保美(管理者 / 看護師 / リンパ浮腫セラピスト)

私は2009年に眼瞼痙攣という局所性ジストニアを発症し、自分の意思で瞼を開けることができないという生活を、約1年間送っていました。

仕事どころか日常生活も満足に送れないという苦しい日々が続きましたが、ある時、大学院時代の先生から手紙を頂き、そこには「明けない夜はないから…」という言葉が書かれていました。

発症してから様々な治療を受けましたが症状は変わらず、「本当に明けない夜はないんだろうか」と考えながら過ごした日々があります。

その苦しい日々を乗り越え前に進むまで数年かかりましたが、病気を抱えたことで、無理をしない、休憩をとる、前向きに生きる、ということを意識するようになり、素直に自分の心と向き合い、新しい一歩を踏み出すことができるようになりました。

私自身がこのように病気を経験しているからこそ、患者さんに寄り添える看護を提供できるのではないかと思います。大学院での研究や、今までの経験から、利用者さんが在宅で安心して過ごせる環境やネットワークを作りたいと思っています。

代表者経歴・資格

学 歴

H4年3月 私立追手門学院高等学校 卒業
H8年3月 近畿大学商経学部経済学科 卒業
H12年3月 大阪府立千里看護専門学校 看護第1学科 卒業
H21年3月 金沢大学大学院 医学系研究科保健学専攻(慢性創傷看護学分野) 修了

経 歴

H12年4月〜H14年3月 大阪警察病院 救命救急病棟 勤務
H14年4月〜H18年7月 大阪府立中河内救命救急センター病棟 勤務
H18年10月〜H19年3月 箕面市立病院 救急外来 パート勤務
H19年8月〜H21年3月 財団法人金沢総合健康センター 夜間急病診療所 パート勤務
H21年4月〜H29年3月 大阪大学医学部付属病院 放射線部(病棟・中央部門) 勤務

資 格

H12年4月 看護師免許取得
H27年4月 インターベンション エキスパートナース認定
H28年8月 第一回リンパ浮腫研修終了認定
H28年9月 Dr. Vodder Method Of Manual Lynph Drainage Therapy Course Ⅱ、Ⅲ 取得
R2年1月 超音波を用いた膀胱・大腸観察の看護師向け教育プログラム修了